c0317717_22175899.jpg
2013/5/7 お弁当
フレンチトースト+レモンハチミツ漬け、煮込みハンバーグ、胡瓜のハム巻き、キウイ
[PR]
# by junko02010201 | 2013-05-07 22:17 | お弁当 | Comments(0)

c0317717_22580587.jpg
2013/5/1 お弁当
海老とパプリカのハニーマスタード炒め、ほうれん草のお浸し、豆ごはん+昆布佃煮、プチトマト、甘夏。
プチトマトには、みつばちと、てんとう虫のピックを飾って。ハニーマスタード炒めだから、みつばち。はちみつ繋がり。

[PR]
# by junko02010201 | 2013-05-01 22:57 | お弁当 | Comments(0)

2013/4/29
甘夏ピール作りました。
c0317717_11451018.jpg
青山ファーマーズマーケットで買った甘夏。4個500円でした。
もちろん無農薬。
新鮮な柑橘がよいそうです。日が経ったものは水分の吸収も糖分の吸収も悪く、おいしく仕上がらないとか。

よく洗い、カットし、皮をむきます。
c0317717_11451234.jpg
果肉はそのまま食べる用。ピールづくりの主役は、皮です!
c0317717_11452811.jpg
皮を鍋に入れて、
c0317717_11453014.jpg
水からゆでます。
c0317717_11453115.jpg
沸騰したらゆでこぼし。
また水からゆでて、、、ゆでこぼしを3回繰り返します。
水にさらします。すっかりやわらかくなってます。
c0317717_11453485.jpg
ざるにあげます。
c0317717_11453645.jpg
皮の内側の白いところを、そぎとり、好みの形にカット。
c0317717_11453887.jpg
カットしたら水気を絞って重さを量ります。
同量の砂糖と、半量の水と、グランマニエ少量を、甘夏と一緒に鍋に入れます。
(このとき、甘夏の果汁を加えるのもよい)
c0317717_11454066.jpg
火にかけます。沸騰するまでは強火。
c0317717_11454262.jpg

沸騰したら弱火にして、ゆっくり味がしみ込むようにして煮詰めていきます。

c0317717_11454423.jpg

煮詰まってきました。
c0317717_11454795.jpg
あまり煮詰めると飴みたいになっちゃうので注意。
飴状になる手前で火を止めます。

c0317717_11455109.jpg

乾かしたら完成です!

ところがわたし、煮詰めすぎてしまったようで、いつまでたっても乾かない・・・泣
仕方がないので、グラニュー糖をまぶしてから、乾かしました。
ようやく完成。
c0317717_11455376.jpg
ホントはグラニュー糖まぶしたくなかった(あまり糖分を使いたくなかった)のですが、止む無し。
贈り物にするには、食べやすさを考えると、グラニュー糖をまぶしたもののほうがよいかもしれません。
今度作るときは、煮詰めすぎないよう注意し、グラニュー糖をまぶしてから乾かすようにしたいと思います☆


[PR]
# by junko02010201 | 2013-04-29 23:00 | ホームメイドスイーツ | Comments(0)

c0317717_22190870.jpg

2013/4/17 
オムライス、 かき菜とエリンギの炒め、胡瓜浅漬け、キウイ



[PR]
# by junko02010201 | 2013-04-17 22:18 | お弁当 | Comments(0)

c0317717_22543960.jpg
2013/4/15 お弁当。
肉団子とパプリカの甘酢炒め、かき菜お浸し、きんぴらごぼう、筍ごはん、キウイ。


[PR]
# by junko02010201 | 2013-04-15 22:53 | お弁当 | Comments(0)

2013年04月 関西旅4日目

【最終日/神戸&京都】
■異人館巡り
■にしむら珈琲で軽めのランチ
■京都へ戻っておみやげ選び
■和久傳でお弁当を買う

*******

■異人館巡り
最終日は、まず神戸のホテルから歩いて北野の異人館巡りから。
神戸港開港が1868年1月1日。その年は、明治元年だ。
神戸港を出入りする貿易商たちの邸宅である異人館が建ち始めたのと、大政奉還とが、同じ時期だというのが、歴史に弱い私の頭の中では、どうにも重ならない~

★萌黄の館
淡いグリーンが美しい。エレガントな印象。1903年(明治36年)完成。築110年!!
c0317717_01085734.jpg

c0317717_01085925.jpg

c0317717_01090103.jpg

c0317717_01090323.jpg

★風見鶏の館
こちらはダークブラウンの木目が高級感あふれる印象。
ドイツ人貿易商の裕福だったであろう生活が垣間見える。
天井高が4mもあるらしい。現存する異人館の中で、外観がレンガ造りなのはここだけ。
地下にキッチンがあり、1階の食堂までリフトで料理を運んでいたそう。
c0317717_01093723.jpg

c0317717_01094026.jpg

★ラインの館
c0317717_01095934.jpg

c0317717_01100262.jpg

他にも、ステキな異人館がいっぱい。。
旧パナマ領事館。
c0317717_01102055.jpg

うろこの家。
c0317717_01102244.jpg


■にしむら珈琲で軽めのランチ
だいぶ歩き回ったわりにはあまりおなかが空かず、軽めのランチがいいなーと思ってたら、タイミングよく目の前ににしむら珈琲が飛び込んできた。
キッシュと、おいしいコーヒーを頂く。
ここは開店当時会員制のコーヒー店だったのだけど、阪神大震災を機に一般開放したそう。2Fはレストランになっていて、そちらのメニューもエレガントでおいしそう。
インテリアは高級感に溢れているのに、不思議と居心地のよい空間でした。
http://www.kobe-nishimura.jp/kitano/index.html
c0317717_01113663.jpg

c0317717_01111528.jpg

c0317717_01115692.jpg

■京都へ戻っておみやげ選び
阪急に乗って、京都の河原町まで戻る。おみやげ選び。
祇園辻利で、宇治茶を買う。
錦市場の千波で、昆布と山椒の佃煮を買う。
同じく錦市場のあずまやでねりごまを買いたかったのに、休みだった。残念。。
八百屋さんで、人参菜を買う。(家に戻った後、チヂミやサラダにして頂きました)

そして一番楽しみにしていた、Bento&coへ。フランス人がひらいた、お弁当箱専門店。
http://www.bentoandco.jp/
c0317717_01122664.jpg

c0317717_01122804.jpg

c0317717_01123044.jpg

c0317717_01123284.jpg

どれもこれもかわいくて、悩みに悩んで選んで買ってきたお弁当箱。
c0317717_01123959.jpg

これ、実はレンジOK、熱湯もOKという優れもの。店員さんから「下にたっぷり入るので、茹でたショートパスタを使ってパスタランチなんかおすすめですよ」、と言われた。が、朝からパスタを茹でるのはなかなか大変だと思う。
いつか、フレンチトーストを焼いて詰めていきたいな♪
c0317717_01123538.jpg

■和久傳でお弁当を買う
京都伊勢丹で、いつもの鯛ちらし弁当。家についてから、おいしいお茶をいれて、いただきました。
c0317717_01133341.jpg



*ブログランキング参加始めました! クリック★お願いします!
(いまだいたい15~20位あたりにいます。いつも読みに来てくださりありがとうございます)
   ↓

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



[PR]
# by junko02010201 | 2013-04-15 01:00 | 京都旅行 | Comments(0)

2013年04月 関西旅3日目

【3日目/三田】
■伊右衛門サロンで朝ごはん
■エス・コヤマでランチとおみやげ選び
■神戸のホテルへチェックイン
■神戸お散歩(フロインドリーブ、アクアレール)
■ビストロウエシマで晩ごはん

*******

■伊右衛門サロンで朝ごはん
焼魚定食。冷抹茶がまろやか。
http://iyemonsalon.jp/
c0317717_00514355.jpg

さて。
四条烏丸から阪急、JRを乗り継いで約2時間。兵庫県の新三田駅に到着。
駅前は、バスロータリー以外、なにもない。
c0317717_00514593.jpg

この町に、本当に、行列のできるスイーツショップがあるのだろうか。
と思ってたら、バス路線の説明書きを見ると「ゆりの木台郵便局前」のバス停にちゃんと「パティスリー エス・コヤマ」の表記がある!す、すごい。。
新三田駅からバスに乗って、丘を越えて、ゆりの木台という住宅街に到着。
ここに、エス・コヤマというパティスリーが、ある。
http://www.es-koyama.com/

■エス・コヤマでランチとおみやげ選び
到着して目をひくのが、住宅街のそびえ立つ、エス・コヤマの看板。
c0317717_00523727.jpg

ショコラ専門店、バウムクーヘン工房、コンフィチュール&マカロンのブティック、お菓子教室、パン工房、パティスリー、カフェ、それらがすべて独立している。まるでテーマパークのよう。わくわく!!
それにしても平日なのにどこの建物も行列。すごい集客力である。
店員さんから渡された、ガイドマップ。定休日や新作スイーツなどを紹介していて見やすい。
c0317717_00531538.jpg

ひとまずパン工房で、翌日まで日持ちしそうなパンを選ぶ。コンフィチュールも。
c0317717_00541093.jpg

カフェで、ランチを兼ねてスイーツを2種類頂く。
念願の小山ロール。ふわふわで、素直に口の中にとけてく。感動!
だけど、苺とピスタチオのタルトのほうは、わりとふつうだった。気が済んだ。
しかし添えられた苺のソース、フレッシュで粒感がなんともいえずおいしー!
バニラアイスと、桜のアイスも、そこそこおいしー!
そして添えられたふきのとうのショコラが、もう、倒れそうなくらい、おいしー!!!
わかった。多分私は、エス・コヤマに関して言えば、ケーキではなく、チョコレートが好きなんだ。
c0317717_00543088.jpg


c0317717_00543326.jpg

c0317717_00543590.jpg

というわけで、ショコラ専門店へ。
外側はこんな。
c0317717_00552615.jpg

入口。ドアの取っ手が、カカオ豆を模している。
c0317717_00555173.jpg

中に入ると、内扉。手をかざすと自動で開く!おぉぉおお。
c0317717_00555358.jpg

建物内部。
「大の大人が本気で作った秘密基地」、というコンセプトだそう。外側からは想像つかないような、薄暗くてシックな店内。土壁がいい雰囲気。
c0317717_00555721.jpg

c0317717_00560257.jpg

ここで「ヌガティーヌ・ブリュッセル」というチョコレートや、新作のガトー・ア・ラ・ブロッシュを購入。
c0317717_00565765.jpg

c0317717_00570341.jpg
エスコヤマには、こんな風に色んな建物があって、たっぷり3時間は滞在したかな。
店員さんが皆、笑顔でステキでした。(なんと従業員は200人もいるとか?)


■神戸のホテルへチェックイン
神戸高速鉄道を使って、2時間近くかかって三宮へ。
ホテルピエナ神戸に泊まる。部屋の内装は、各階ごとに変化をつけてあって、私の宿泊した階はミントグリーン色。浴室がやたら広くて、清潔で、居心地良かったです。
c0317717_00584650.jpg

■神戸お散歩(フロインドリーブ、アクアレール)
フロインドリーブは、古い教会を改装しており、厳かな雰囲気。2Fのカフェが特によい。何年か前に2回ここへ来たことがあるのだけれど、少々つらい思い出なので、今回ここへ来るには勇気が要った。素朴なドイツパンとクッキーを買う。当時の気持ちを思い出して、涙が出そうになる。
http://freundlieb.jp/
c0317717_00592224.jpg

c0317717_00592471.jpg


アクアレールは、大丸神戸店のほうへ。まんごレモンという名のコンフィチュールを買う。マンゴーに、レモンのすりおろしが入ってるそう。
http://aquarellekitano.com/
エス・コヤマの「KEITH」(苺とカシスのコンフィチュール)と、アクアレールの「まんごレモン」。どちらも、色がはっきりとしていてキレイ。
 ↓
c0317717_01000868.jpg


■ビストロウエシマで晩ごはん
・じゃがいものグラタン
・新たまねぎのグリル
・塩豚のロースト、サラダ仕立て
旅行中、2日目夜を除いてほとんどお肉を食べておらず、とにかく豚肉が食べたい!!と強く思いながら神戸を歩いて、ふらっと入ったこのビストロが大正解だった。豚肉、強烈美味!!
サングリアの白をサービスしてくれて、3品で驚きの1700円(税込)でした。お得~☆
http://www.ueshima-kobe.com/
c0317717_01004686.jpg

c0317717_01004842.jpg

c0317717_01005024.jpg


*ブログランキング参加始めました! クリック★お願いします!
(いまだいたい15~20位あたりにいます。いつも読みに来てくださりありがとうございます)
   ↓

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



[PR]
# by junko02010201 | 2013-04-14 01:00 | 京都旅行 | Comments(0)