人気ブログランキング |

2013年04月 関西旅2日目

【2日目/京都】
■イノダコーヒ本店で朝ごはん
■原谷苑(はらだにえん)
■粟餅所 澤屋でお昼ごはん兼スイーツ
■平野神社
■妙心寺退蔵院
■竹笹堂
■二条城ライトアップ
■ブションで晩ごはん

*******

■イノダコーヒ本店で朝ごはん
やっぱりこのモーニングを食べないと、京都の朝は始まらない!
苦味と酸味のバランスのよいコーヒーも、軽く焼かれたハムも、とろとろの卵も、サクサクのクロワッサンも、丁寧に盛り付けられていて大好き。
夏の間は、テーブルクロスが水色×白のギンガムチェックに変わるのだとか。
http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/honten.html
c0317717_00394114.jpg

■原谷苑(はらだにえん)
しだれ桜が満開!よく晴れて、空の水色と桜のピンク色とのコントラストも絶妙。どこを歩いても、しだれ桜のフラワーシャワーを浴びてるような。素晴らしい景色です。
c0317717_00402439.jpg

c0317717_00402683.jpg

c0317717_00402898.jpg

c0317717_00403080.jpg

桜以外にも色んなお花が見頃でした。

*山吹
c0317717_00405659.jpg

*芍薬
c0317717_00411692.jpg

*源平しだれ桃(1本の樹に、白とピンクの両方の花が咲いている)
c0317717_00413793.jpg

*三ツ又(枝が3つに分かれているため)
c0317717_00415457.jpg

*海棠桜(かいとうざくら)(色が濃い)
c0317717_00421866.jpg


■粟餅所 澤屋で、お昼ごはん兼スイーツ
300年続く粟餅のお店。
店内に入ると、持ち帰りか店内で食べていくのかということを訊かれ、店内で食べたいと伝えると、おじいさんとおばさんがあっというまに餅を丸めてきなことあんこをまぶし、席に着いたらすぐに熱々のおいしいお茶と一緒に餅が出される。
あんこ3つ+きなこ2つは基本セット。組み合わせを変えたければ、イートインであることを伝える時に申し出なければならない。
それにしても出来立ての粟餅は、とても優しい味。
あんこは甘さほとんどなし。きなこのほうは多少甘め。
c0317717_00425759.jpg


■平野神社
桜はほとんど終わっていて残念、、ソメイヨシノが見頃のときに又訪れたい。
c0317717_00432082.jpg


■妙心寺退蔵院
今年、JR東海「そうだ京都行こう」のCMで使われたお寺。お庭の手入れが行き届いていて、心が洗われるような、居心地のよいすがすがしい場所でした。
c0317717_00440631.jpg

c0317717_00440422.jpg
こちらも桜以外のお花がまた美しかった。

*トキワマンサク
c0317717_00443427.jpg

*椿
c0317717_00444582.jpg


■竹笹堂
手摺りの木版画が素朴なお店。ぽち袋3種類を自分用おみやげに購入。和紙は丈夫なので、ブックカバーにしても3年は持つのだそう。
http://www.takezasa.co.jp/
c0317717_00452399.jpg

c0317717_00452534.jpg

■二条城ライトアップ
ちょうど夕暮れ時。空の蒼が美しい~
c0317717_00454789.jpg

c0317717_00460678.jpg

■ブションで晩ごはん
表参道「ローブリュー」で5年働いたシェフが京都に出したビストロ。店内の雰囲気がどことなく渋谷のコンコンブルに似てる。外国人客でいっぱい。
・ニース風サラダ
・牛肉の赤ワイン煮
・黄桃のクラフティ
これにパンとオリーブとオリーブ味のペーストもついてくる。前菜、メイン、デザートのプリフィクスコースでたった2500円(税込)ってなかなかお得。おいしかった!
http://bellecour.co.jp/bouchon%20file/bouchon.htm
c0317717_00463205.jpg

c0317717_00463481.jpg

c0317717_00463621.jpg

c0317717_00463836.jpg




*ブログランキング参加始めました! クリック★お願いします!
(いまだいたい15~20位あたりにいます。いつも読みに来てくださりありがとうございます)
   ↓

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by junko02010201 | 2013-04-13 01:00 | 京都旅行 | Comments(0)